リロケーションの利点

リロケーションとはずばり留守宅管理サービスの形態を意味しています。
発祥はアメリカで、元々配置転換もしくは移転という意味になりますが、本場では留守宅賃貸というよりも、海外など遠方に転居するにあたり必要な引っ越し手続きやピザ取得・航空券取得・転勤手続き各種代行、場合によっては売却手続きと所行、あるいは子女が学校になれるまでの心身サポートという具合に、かなりの広範囲にサポートしていく代理業務をさして言う場合がほとんどです。

忙しいビジネスマンが安心して業務に邁進できるようにと生まれたサービスですが、さすがに日本の実情にそのまま適応するには不備があったため、自然と留守宅管理という内容に落ち着きました。
今このリロケーションで空き家を減らせるのではないかと、多方面から注目を集めているのです。
確かに長く放置されたまま荒れすさんでいく空き家は、犯罪を呼び込む危険をはらんでいますし、景観も悪くなります。
かといって解体するにも高額経費がかかってきますから、全国で増え続ける空き家に自治体も住民も頭を悩ませているのが現状です。
多種多様な対策もたてられましたが、遅々として進行していません。
借地借家法の改正は、そのような空き家問題に希望の光を照らしてくれました。
治安や防犯対策への貢献度が高くなりますし、短期間であっても誰かに利用してもらえれば住宅の傷みを緩和できますから貸し主としても安心です。

借り主は格安で高級住宅に住めますし更新料もないのですから、賃貸住宅を借りるよりもお得です。
すべての人に多くのメリットをもたらすリロケーションは、今後ますます注目されていく事でしょう。
今回のテーマは“リロケーションで空き家を減らす”です。